ブログランキング

最近の記事

中央競馬 5/1(土) レース回顧


中央競馬 5/1(土) レース回顧

当記事では、中央競馬 5/1(土)で気になった馬のレース回顧をします。

競馬に関する創造力を高めるための予想トレーニングという感覚でやっていきますので、緩く見て頂ければと思います。

また、ブログの更新通知などをツイッターでしていますので、是非フォローをお願いします。




新潟 3R10レッドレジェーラ

スタートはもっさり出た上に隣の馬にも寄られて出て行けず後方から。道中で外からポジションを押し上げた分、直線の伸び方が緩くなってしまった。直線で3着馬に斜行されてバランスを崩す不利もあったがあれがなくても脚色は明らかに劣勢で着順は変わらなかっただろう。いずれにしても全体的にチグハグで残念な競馬になってしまったのは間違いない。

新潟 9R 6スペースクラフト

スタートは決めるも二の脚が遅く道中はおっつけ通しの追走でコーナーでも外々を回すロスがある厳しい競馬になった。直線に向いてからは良い伸びを見せて上り2位をマークするが4着が精一杯だった。テンの加速が苦手なタイプで今回を含めたダートの成績を見ると平坦スタート&最後の直線も平坦のコースでは 0-0-0-5 と振るわず。その振るわない条件と芝スタートのダートコースをのぞくダートの成績は 1-1-1-1 とまずまず安定しており掲示板も外したことがなかった。今回のレース内容とこの馬の過去実績からしてテンのスピードが要求されにくい条件に出走してきたときに注目したい。

東京 1R 8オブデュモンド

発馬で内にモタレてバランスを崩し立ち遅れる。そのモタれ癖などの対策か右チークのみつけていた。スタート後すぐさま押して出して行って道中は中団の馬込みに取りついたが周りを気にしてなのか力んだようなフォームで走っていた。コーナーに差し掛かり外が開いてからは非常にスムーズな走りで勢いよく前をとらえにかかるがスタートから道中のレース運びがこたえたのか最後は力尽きて4着までだった。ダートの実績を見ても大外スタート時に2着の最高着順をマークしていて最内枠で1人気を裏切っていたので周りを気にする性格なのであれば今後も枠順と実績の関係には注意をしておきたい。また両チークにするタイミングがあれば走りがどう変わるのかにも注目したい。

東京 4R10セブンシーズ

額にある「7」の流星(名前の由来かな)が印象的。スタート良くいいポジションを取れたが道中はほぼずっと頭を上下に振りご機嫌ナナメな走り。直線に向いてもコントロールが難しそうで間隙を突けず延々と手綱を絞り外の馬を行かせてから外に出すタイムロスの多い誘導になってしまった。外に出てからは比較的スムーズな走りだったが前には届く位置ではなかったからかまともには追わずに流すような感じでゴールした。外から被されるとムキになっていたように見えたので気性的にもう少し短い距離を試してみるのも良さそう。

阪神 2R 5メイショウナリヒラ

駐立は不安定だったがゲートはまずまずで序盤は先行の構え。コーナーで脚色が鈍り先行集団から置かれてしまう。直線に入っても伸びはなく6着に流れ込むのが精一杯だった。これで中1週だとマイナス体重で大敗が2度目となったので詰めて使われるのは良くなさそう。阪神最終週のダ1400mあたりまで一息入れて立て直してきたら見直してみたい。

阪神 5R 5アメリカンマッハ

スタートで出して行こうとするがダッシュがつかず道中はポジションを下げつつ脚をためる競馬。3~4角では外を回して脚を伸ばし直線では大外に出されてビッシリ追われると上り2位の伸びを見せて勢いよく追い上げたが前も止まらず5着まで。今回くらいの位置で脚をためる競馬をするのであればもう少し距離があっても良さそうな気がした。

阪神12R 4スズカパンサー

前走を覚醒ととらえて狙い馬としたがもろさが出てしまった。もともとはここまで切符良く出ていくタイプではなく押して押してようやく先行という馬だったが連闘の弊害か前進気勢が強くなりすぎてしまっているように見えたし道中の制御が前走よりも効いていない印象を受けた。今ぐらいの前向きさが出てしまっている状態なら間隔を開けつつリフレッシュした状態で使ってあげた方がいいのかも。

以上「中央競馬 5/1(土)の回顧」でした。

この記事が、もし参考になったら以下リンクのクリックにご協力頂けると嬉しいです!



Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ