最近の記事

ブログランキング

ローズS2020 123指数(予想人気指数)上位5頭の分析


ローズS2020 予想人気(123指数)上位5頭の分析

当記事では、ローズS2020の123指数(予想人気指数)上位5頭の分析をしています。

123指数(予想人気指数)上位5頭は週末の確定版とは異なります。確定版の123指数(予想人気指数)はレース前日に追記しますので気になる方は是非ご覧ください!

また、ブログ&noteの更新通知や重賞以外で気になったレースのつぶやきなどをツイッターでしていますので、是非フォローをお願いします。


123指数(予想人気指数)上位5頭の分析


デゼル

キャリア3戦で向かえたオークスでは馬体重ー8kgと状態面がピークではなかった可能性がある。デビューから使われつつ合計でー12kgというのは、キャリア3戦と少ないながらも短期間で関東遠征を2度続けたことの代償だったのかも知れない。スタートから勢いがつくタイプではなく後方一辺倒の競馬が続いているので枠順や馬場状態次第で取りこぼしも考えられるが、道中でしっかりためて末脚をフルに発揮出来る形になればコース的にあっさりがあっても不思議ではない。

最強ブログランキングA(←フアナ)

2走前のフローラSでは、のちのオークス2着馬ウインマリリンと差のない3着に入線し素質の高さは証明済み。前走は一息入れて+28kgと大幅に馬体を増やし帰ってきた。着差以上に強い内容だったし一叩きされてさらに上昇しそうな勝ち方にも見えた。素質だけで走っていた春先と比べると心身ともに充実度は高そうで想定騎手の名前を見てもその期待の大きさが伺える。どんなレースをしてくれるかとても楽しみ。ローズS過去10年データを参照して前走馬体重=+10kg以上だった馬について調べてみたところ以下画像データのような成績だった。成長分だった場合は単純に能力の底上げになるだろうし、お釣り残しの調整だった場合でも叩いた上積みが見込めるなど、どっちのケースであっても次戦に向けて伸びしろしかない状況と言えそうで、実際に過去10年のデータを見ても1人気が1頭もいないのにもかかわらず複勝率40%の好成績を残しているのが何よりの証明でなないだろうか。特に社台系生産馬の好走率高くなっていたのも当馬の後押しとしては強力な材料と言えるし、さらにあの鞍上を用意している点も何となく納得出来た気がする。

人気ブログランキングA(←リアアメリア)

キャリア5戦のうち着差1秒以上で不甲斐なく負けたレースは、いづれもハイペースを追走でいっぱいになり脚が溜まらなかったように見えた。スローからのヨーイドンだったレースではオークスでも4着に好走している。現状は落ち着いた流れになりやすい中距離以上がベスト距離と言えるかもしれない。デビューから2戦でマイルを2勝しているが、これは2歳戦特有のスローペースが勝因としてあったと考えられる。そういう意味では今回のコースレイアウトはこの馬向きと見ている。以下画像データ(ローズS過去5年データ参照)にある前走オークス組のノーザンファーム生産馬はこの馬のみだったのも興味深いし、オークス組で最先着だったにもかかわらず想定人気でデゼル、クラヴァシュドールに次ぐ3人気なのは盲点と言えそう。またルメール騎手が前走オークス組以外のフアナ(ノーザンファーム生産馬)に乗っているのも前走オークス組でどうしても乗りたいと思える馬がいなかったということの裏返しとも受け取れるが果たして?

リリーピュアハート

キャリア5戦のうち連戦で使われたのはオークスのみ。そのオークスではー8kgと大幅に馬体を減らしていたので今後、連戦時のパフォーマンスがどうなのかは引き続き気にしておきたい。今回は休み明け初戦なのでこの馬本来の力は出せると思うし今回のメンバーでどれだけ走れるか注目したい。

クラヴァシュドール

前走のオークスは積極策で先行するも直線では一杯になり失速。ペースを考えれば位置取りよりも単純に距離が長かったのかも知れない。自在性のある馬なので今回はためる競馬で中距離に対応出来ないか見てみたい。桜花賞で見せた一度下がって盛り返したあのパフォーマンスは印象強く巻き返す走りを期待する。

以上、123指数(予想人気指数)上位5頭の分析でした。

123指数(予想人気指数)確定版

以上、123指数(予想人気指数)確定版でした。


Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ



この記事が、もし参考になったら上記リンクのクリックにご協力頂けると嬉しいです!

コメント