最近の記事

日経賞2020 過去5年の傾向データ・穴馬分析など


日経賞2020

この記事では、日経賞2020の以下5項目について書いています。
個別分析穴馬分析の通算成績は以下になります。(2020/3/22現在)


単勝適正回収値とは?

各レース内だけでなく、全てのレースのどの目が的中しても同払い戻し額になるように資金配分した場合の回収率です。

以上のような資金配分をする事で、的中した場合に払戻金額の分散が少なくなりますので、期待値が収束するまでの期間も短くなり、理論的にはよりその買い方の真の回収率に近くなっているはずです。

出走予定馬一覧


日経賞2020 出走予定馬の一覧です。

アイスバブル
ウインイクシード
エタリオウ
ガンコ
クレッシェンドラヴ
サトノクロニクル
サンアップルトン
スティッフェリオ
ソウルスターリング
ポンデザール
マイネルカレッツァ
ミッキースワロー
モズベッロ
ヤマカツライデン
レッドレオン

フルゲート16頭に上記15頭が登録しています。

過去5年の傾向データ


日経賞の過去5年データを参照して、傾向について分析を行います。

傾向データ

・種牡馬=ヘイルトゥリーズン系
・馬齢=5歳以下

上記、傾向データ該当馬の成績 → [4-4-1-12] 単勝適正回収値=128.1

傾向データ1:種牡馬別成績

過去5年の連対馬10頭中、9頭が父ヘイルトゥリーズン系から出ていました。

中でもTサンデー系が[2-3-0-17]と連対シェアが高く、注意しておきたいです。と書いていて、どの馬が該当するのか気になったので確認したところ、Tサンデー系が8頭、ヘイルトゥリーズン系が14頭となっていて、特に見る必要のないデータだったかも知れない事に気づかされました(笑)

傾向データ2:馬齢別成績

6歳以上の成績が[0-1-4-31] 勝率0.0% 連対率2.8% 複勝率13.9%と不振傾向でした。

6歳以上は、3人気以内だった馬でも[0-0-0-5]と馬券圏内がないように、軸にするのを控えたくなる傾向データですね。

傾向データ該当馬

サンアップルトン
モズベッロ
アイスバブル
エタリオウ
レッドレオン
ポンデザール

以上、日経賞2020 過去5年の傾向データでした。

個別分析


個別分析では、週中とレース前日に狙いたい馬を紹介します。

出走登録数が多いレースの除外・抽選漏れや、出走意志の薄い予備登録などによって生じる「個別分析 該当馬のズレ」を解消するために週中とレース前日の2回に分けて更新します。

また、通算成績ではレース前日分のみを集計するものとします。

(週中)

エタリオウ

想定2人気(4.0倍)の馬です。

この馬の好走パターンはスローペースからの上り勝負のレースで、少しでも後傾のラップになれば、上り5位以内の脚を使ってすべて5着以内に入線していました。

逆に、RPCIが50以下のフラットから前傾のレースになると[0-0-0-3]と好走がなく、その着順も掲示板を外していましたので、道中がタフな展開になると脆さが出るようです。

今回は、道中でタフな展開になりにくい前哨戦の日経賞なので、昨年同レースで2着があったように、凡走続きの近走から変わり身を見せてくれる可能性もありそうです。

先週、阪神大賞典を制した長距離で信頼のおける岩田騎手が騎乗予定というのも心強く、その岩田騎手は、中山芝2500m重賞に6人気以内の馬で出走した時の成績が[2-1-2-1]と破格の成績なので、そこにも期待したいですね。

ミッキースワロー

想定1人気(2.6倍)の馬です。

自身のキャリアを見ると、2400m以上でパフォーマンスを落としていますが、それらは全てG1での成績であり、G2以下なら2500mでもやれる可能性はあるかも知れません。

前走は、4角で受けた不利の影響は大きかったですし、巻き返しに期待したいところ。

不安材料は、菊沢騎手[3-1-2-2]、横山典騎手[1-2-0-7]となっていて、今回は横山典騎手が騎乗予定となっている点です。

この馬には菊沢騎手の方が手があっていそうなので、そこは気になっています。

ソウルスターリング

想定9人気(27.2倍)の馬です。

前走のレース内容を見ると、今まで一度も走ってこなかった中山が、もしかしたらベスト条件だったかも知れないという風に感じました。

本当にそうなら、今月で引退を予定しているこの馬にとって、ちょっともったいない話ですね。

Frankel産駒の中山芝1800m以上の成績を調べたところ[1-1-3-2]と優秀で、この馬の前走の好走とリンクする部分もあるので、引退レースでの好走もあるかも知れないです。

人気ブログランキングB(→サトノクロニクル)

想定5人気(8.3倍)の馬です。

G1成績は[0-0-0-3]とワンパンたりませんが、G2までなら[1-3-1-2]と好走例も多いです。

3000mの阪神大賞典で2着の実績があり、長い距離も問題なさそうですし、前走のアメリカジョッキークラブCは、77週の休み明け初戦だったことを踏まえると、1秒差の5着なら及第点と言えるのではないでしょうか。

一叩きされての変わり身に期待したいですね。

(前日)

エタリオウ

個別分析(週中)から変わらずの指名です。

詳しくは、個別分析(週中)のコメントをご覧ください。

ミッキースワロー

個別分析(週中)から変わらずの指名です。

詳しくは、個別分析(週中)のコメントをご覧ください。

ソウルスターリング

個別分析(週中)から変わらずの指名です。

詳しくは、個別分析(週中)のコメントをご覧ください。

人気ブログランキングH(→スティッフェリオ)

個別分析(週中)で指名したサトノクロニクルからのスイッチです。

逃げる逃げないにかかわらず、自身が平均~スローのマイペースで後傾ラップを刻めた時は、好走率が上がる傾向があります。

今回の出走メンバーを見渡すと、有力馬はほとんどが差し・追込馬なので、ヤマカツライデンに行かせて離れた2番手で実質の逃げを打ちマイペースで行ければワンチャンあるかも知れません。

今回の鞍上がたまにやるのですが、ハナを譲らずに無謀に競り合ったりされると、そこで終了してしまうのでそれだけはやめてと祈ってレースを見ます(笑)

休み明け初戦からそこそこ走れるタイプですし、前走の負け方からさすがに今回は前走のように変に人気にはならないでしょうから、妙味も込みで狙ってみたいと思いました。

以上、日経賞2020 個別分析でした。

上位人気 考察


上位人気 考察では、上位人気と想定される有力馬について分析を行います。

モズベッロ

想定3人気(5.5倍)の馬です。

前走は、日経新春杯を勝って重賞初制覇を飾りましたが、52kgの斤量に恵まれた面があったのも事実で、今回が本当の意味で試金石になりそうです。

あと、中山に関しては、2回走って2回とも馬券圏外だったので割引材料になりますね。。

今の勢いで中山コースに対応してくるのか、苦手コースのままに凡走するのか注目しておきます。

以上、日経賞2020 上位人気 考察でした。

穴馬分析


穴馬分析では、週中とレース当日午前中に穴馬の分析を行います。

週中は想定オッズ、レース当日午前中は10:30頃のオッズを、それぞれ参照して穴馬を抽出し、通算成績では当日分のみを集計するものとします。

(週中)

人気ブログランキングE(→ソウルスターリング)

現時点の想定人気が8人気だったので指名しました。

ここまで引っ張ってまで使いたいというのは、色気がある証拠でしょう。

前走は、かなり骨っぽい馬が集まっていた中で3着は立派ですし、2着馬とは着差なしですから、今回の相手関係ならばと期待しています。

乗り替りは減点材料かとも思いましたが、この鞍上は、中山芝2500mの成績が[4-0-0-13] 単勝適正回収値269 となっていて、意外と侮れないかもしれません。

週中の個別分析でも取り上げていますので、そちらの記事も併せてご覧下さい。

個別分析と穴馬分析の全く違う両方のロジックで該当した馬なので、かなり注目しています。

(当日)

人気ブログランキングH(→スティッフェリオ)

個別分析(前日)の該当馬であり、穴馬分析(当日)にも該当してきました!

個別分析(前日)でも書いたように、展開の助けが必要なのと、得意な展開になったとして2500mの距離がこなせるかどうかですね。

ちなみに、穴馬分析(週中)で取り上げた人気ブログランキングE(→ソウルスターリング)は、10:30頃で4人気と過剰人気が認められたため穴馬としての指名は自重しました。まさか、これほど人気するのは予想外でしたが、個別分析で取り上げている馬なので良しとします。

以上、日経賞2020 穴馬分析でした。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございましたm(__)m

注目コンテンツ(無料)


「注目馬note 無料版」を配信しています。
「注目馬note 無料版」は、2020/3/22現在で以下のような成績となっています。

注目馬note


人気ブログランキングにも参加しています。
この記事が、もし参考になったら以下リンクのクリックにご協力頂けると嬉しいです!



Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ



<この記事を読むにあたっての注意事項>

・回収率は参考値として表記しており、100%超えを保証する意味合いはありません。
・競馬ライフを楽しむための参考として読んで頂きたく、基本的に丸のりは非推奨です。

以上をご理解頂いた上で、一緒に競馬を楽しめたらと思っていますm(__)m

コメント