最近の記事

阪神カップ2019 出走予定馬 個別分析



軸馬予想note 絶不調配信中!


先週の軸馬予想noteの成績は非常に落ち込みました(^^;

その前の週の成績がすごく良かったので反動の可能性はあると思っていましたし、想定している的中率と回収率を大幅に上回っていたので高値警戒感は間違いなくありました。

それでもあそこまで顕著に表面化するなんて、偏りって本当に怖いです。

軸馬予想note配信以降のデータだけで見ると、今でも少しだけ高値警戒感はありますが、2019年のトータルで見るとほぼ平均値に収束しているので、出来れば今週は、乱高下なく水準レベルで進行して欲しいところです。

ただ、軸馬予想noteで有料配信している参考買い目に関しては、まだ回収率100%超えをキープ出来ているので、このまま安定してプラス収支を続けていきたいです。

阪神カップ2019 過去5年の好走データ

阪神カップ 過去5年で[3-2-1-3] 単適回値223.9 だった好走条件を以下に紹介しておきますので、好走馬の目安として是非ご確認下さい!

・父=Pサンデー系
・当日人気=7人気以内

上記条件に該当しそうな出走予定馬は以下1頭でした。

スマートオーディン

今年、同コースの重賞である阪急杯を勝っていますが、他力本願の追い込み馬なので安定感はなく、その後の3戦は結果を出せていません。展開次第という部分はありますが、阪急杯の勝利を思い出したような走りを期待したいですね。

先週の朝日杯フューチュリティSでは、今年の漢字「令」を馬名に含む14人気のグランレイが3着に好走してサイン馬券が成立していたので、今週も、武豊騎手聖火ランナーに内定のサイン馬券が来たら面白いのですが。サタデー豊の相乗効果も期待!

以上、阪神カップ2019 過去5年の好走データでした。

阪神カップ2019 出走予定馬 個別分析

出走予定馬 個別分析では、現時点で狙いたいと考えている馬を紹介していきます。

[最強競馬ブログランキングB(→グァンチャーレ)]

阪神コースは[0-3-2-3]と勝ち切れないまでも安定した成績を収めていました。近3走の敗戦は、相手関係を考えると7歳という高齢でありながら息長く頑張っている方だと思います。

相手関係という意味では、近走で一番楽になっていますので期待したいですね。

また、この馬は人気ブログランキングB(→10番より内)の時に、単適回値108.1とパフォーマンスを発揮しやすいという傾向がありますので、どの程度の印をつけるかの判断材料として、そこはチェックしておきましょう。

[スマートオーディン]

この馬は、坂の勾配がきついコースの成績が良いです。

坂の勾配がきつい順に、坂ランクをSABCD他で管理しているのですが、その坂ランク別集計をチェックしたところ、坂ランクB以上の時に[3-0-0-1]と優秀な成績を残していました。さらに道中で、中団~後方に控えて脚をため、上がり1位をマークしたレースに関しては[3-0-0-0]のパーフェクトな結果を残していました。

レース映像を見ても坂をものともせずに力強く駆け上がる姿が印象的でした。

ただ、後方一気の脚質で勝負する馬なので、馬場バイアスと展開の味方が必要です。

馬場バイアスについては、先週日曜の元町Sと朝日杯フューチュリティSで、2~3着に差し・追込が台頭してきているように、徐々にバイアスが変化してきていますので、レース直前までにどの程度の差し馬場になっているのか、しっかり確認したいですね。

以上、阪神カップ2019 出走予定馬 個別分析でした。

個別分析の通算成績は「【重賞】個別分析/穴馬分析 通算成績」をご確認下さい!

阪神カップ2019 上位人気馬 考察

上位人気馬 考察では、現時点の想定人気上位馬をチェックしていきます。

[グランアレグリア]

前走との間隔が33週で1人気想定とか、また難しい条件を突き付けてきますよね(^^;

これまでも休み明け初戦で[2-0-1-0]と結果を残しているのですが、ちょっと期間が長いですからね。追い切りとパドックをしっかり見ておきたいです。

あと、揉まれる競馬になると脆さを見せる場面もありますので、枠順にも注意したいです。

[マイスタイル]

戦績を見る限り坂を苦にするところはなさそうですし、1400の距離は2走前のスワンSのみですが、3着に好走していますので問題なさそうですね。

2000m以下の距離では、かなり安定した成績を残していますが、直線300m以上のコースでは、直線300m未満のコースと比べて、勝率、連対率がほぼ半分くらいまで劣化します。ただ、その劣化したデータを1600以下に限定すると、一転して安定した成績になります。

なので直線300m以上のコースでもマイル以下なら信頼度は据え置きという事になります。ただ、この時にも少し注文がついて、上記で一転して安定した成績を古馬に限定すると、2~3着の安定感はあるものの勝ち星がありませんでした。

G2以上で57kg以上の場合[0-0-0-5]と、根本的に力が足りていない可能性もあります。このデータについては、クラス負けではなく、斤量負けの可能性があるデータも紹介しますと、斤量57kg以上では、得意な函館でさえOPENクラスで9着に敗れていました。

馬格が460kg台と決して恵まれているとは言えませんし、安定タイプの戦績からも、斤量増による僅かなパフォーマンスの劣化であっても、この馬にとっては地味に効いてくるマイナス要因となっているかも知れません。

色々とごちゃついたデータを紹介してきましたが、一言でまとめると「軸として買うのは怖い馬」という事になります。

以上、阪神カップ2019 上位人気馬 考察でした。

阪神カップ2019 穴馬分析確定版

重賞の穴馬分析確定版です。午前中に確認出来るオッズなどの情報を加味してます。

人気ブログランキングC(→グァンチャーレ)

以上、阪神カップ2019 穴馬分析確定版でした。

穴馬分析の通算成績は「【重賞】個別分析/穴馬分析 通算成績」をご確認下さい!

コメント