セントライト記念2019 データ分析 単勝回収率148%の好走条件



まず初めに、先週の「注目馬note 無料版 9/79/8」の成績を振り返ります。


一見すると[単回値99/複回値101]と超絶微妙な成績に見えますが、これを最低基準として見るなら十分な成績で、この最低基準をもとにして何かしらの工夫をすれば、単・複とも簡単に100%を超える事が出来ます。

例えば2人気以内に絞ると[単回値113/複回値115]になりますし、他にも単勝2.5倍以上に絞ると[単回値115/単適回値145.4]となり単勝を合成オッズで買えば回収率145.4%まで押し上げる事が出来ます。

2歳戦は単勝配当がガチガチの低配当になる事が多いので複勝だけにしておくと[複回値116]、逆に古馬戦は単勝配当が分散しやすいので、そこをターゲットにすると[単回値109/単適回値118]になるなど、いくらでも応用を利かすことが出来ます。

また、馬連やワイドの軸として利用してもいいと思いますし「注目馬note 無料版」の使い方をご自身で決めて馬券に活かして頂けるとより競馬が楽しくなるはずです。

もちろん土台となるデータ精度ありきなのは間違いないので、引き続き良いパフォーマンスが出せるように極める努力をコツコツと続けていきます。

それでは、セントライト記念 過去4年の好走データを紹介します。

セントライト記念 過去4年の好走データ

セントライト記念 過去4年のデータを参照し以下条件に該当した馬を抽出すると [3-3-1-3/単回値148 複回値168] という好成績を残していました。

  • 美浦所属
  • 父ディープ系 or 父か母父ロベルト系
  • 前走クラス=2勝クラス以上
  • 間隔=8週以上

出走登録馬で上記条件に該当する馬は以下3頭でした。

サトノラディウス
アドマイヤスコール
ザダル

この中で注目したいのはザダルです。

昨年12月の新馬戦を右前肢挫創のため取消となり、仕切り直しとなった新馬戦では、出して行って逃げて折り合いをつけて主導権を握り、新馬戦特有の超スローペースに持ち込み逃げ切り勝ちを収めました。

続く1勝クラスでは、スタート時に隣の馬がゲートの上から顔を出していたのに気を取られてか出遅れてしまいました。それでも1~2コーナーで中団の位置につけて脚をため、4角までには前を射程圏に入れてきっちり差し切りました。

3戦目のプリンシパルS(L)は、普通にスタートを切って、絶好の位置取りからあとは前をさばくだけだったのですが、直線で少し窮屈になりかけました。パトロールビデオを見たところ面白かったのが、人気ブログランキングB自身が「お前邪魔やからどけって!」と言うかの如く、狭い隙間に全くひるむことなく相手に対して顔と体を寄せに行っていたように見えたのです。そして相手を軽く弾いて前が開くと、どこまでも前を追いかけていきそうなくらい長く良い脚を使いしっかり差し切りました。

この馬がかなりの曲者である予感がした瞬間でした。3戦3勝すべてが着差無しと言うところからは「最後ちょっとだけ勝ってたらいいんやろ(ペッ)」と唾を吐き捨てながら言いそうな太いキャラが感じられるのも魅力的です(笑)

キャリア3戦とも5人気以降で今回もその辺りの人気に落ち着きそうなのも良いですね。ここを勝って名声をとどろかせてくれると、GIシーズンの楽しみも増えるのですがどうなるでしょうか。

以上、セントライト記念 過去4年の好走データと注目馬の紹介でした。

お知らせ

ブログ記事トップにある「最強競馬ブログランキング 読者会員登録」をクリックしてメールアドレスを登録することで、ブログ更新通知メールを受け取る事が出来るようになります。

そのブログ更新通知メール内で「隠し玉」を紹介しているのですが、先週までの通算成績が以下のように安定してきました。

[隠し玉通算成績]

全11R/的中4R
的中率:36.4%
回収率:127.3%
同額回収による適正回収率:150.9%

同額回収による適正回収率とは、各レース内だけでなく、全てのレースのどの目が的中しても同払い戻し額になるように資金配分した場合の回収率です。

的中した場合の分散が少なくなって期待値が収束するまでの期間も短くなり、理論的にはよりその買い方の真の回収率に近くなっているはずです。

※一部、TARGETバージョンアップ時の解説から抜粋しています。

先週は、土日ともに隠し玉がいなかったため、以下のように鉄板軸馬と妙味軸馬を紹介したのですが、いづれも1着に入線し [2-0-0-0] 単回値320 複回値150 という好成績を残してくれました。

ダノンスプレンダーは言われるまでもない馬ですが、レッドアネラの1着は少し威張っても許されるレベルだと思います(笑)

そのレッドアネラは馬連では3人気で出現し、出目としては9、12、2の次に出てきているので、以下メッセージで書いたように本来なら想定4人気程度が妥当だったはずです。なのに、何故か1人気になっていたので一人ですごく驚いていました。

1人気の逃げ馬という事でマークがきつくなり展開がハマらないかもと弱気になりましたが、戸崎騎手が無理にハナに立たず、スッと2番手につけてくれたのが勝てた大きなポイントだったと思います。今まで逃げて結果を残している馬で1人気を背負っていたので、通常であれば是が非でもハナにこだわりたくなるところなのでしょうけど、この瞬時の2番手という判断は素晴らしかったです。また、実際に2番手の競馬で結果を残せたことはこの馬のこれからに向けても非常に大きかったですね。

[9/8]
本日も隠し玉がいませんので妙味軸馬を紹介します。

中山10R 8レッドアネラ 1人気1着(単勝5倍)
鉄板軸ではなく妙味軸で想定的中率は高くなく
主導権を握る展開に持ち込めるかがカギ。
どうしても行きたいタイプはこの馬くらいなので
道中で負荷が少なければチャンスタイム発動。
想定人気4人気以降でなければ期待値割れで回避検討。

[9/7]
本日は隠し玉がいませんので鉄板軸馬を紹介します。

阪神7R 6ダノンスプレンダー 1人気1着(単勝1.4倍)
前走は道中で⑥番を前に置いたことでストレスがあり
すべての流れが後手でスムーズさ欠く。
今回は前に行きたい。

不安材料は前走直線でムチに頼りすぎの鞍上で
直線では左右ムチ連打で内へ外へフラフラ…

隠し玉はノーカウントでお願いします。

以上がブログ更新通知メール内で配信している情報でした。

隠し玉やその他情報の配信時には、ブログ更新通知メール内だけでしか見れない、競馬予想のためになるかも知れない解説を気まぐれに付けることもありますので、興味のある方は是非ご登録の程、よろしくお願いしますm(__)m

コメント